So-net無料ブログ作成

石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり−社民・福島党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は19日の記者会見で、石原慎太郎東京都知事が与党幹部には親などが帰化した人が多いと語ったとした上で、自身を念頭に置いた発言だとの認識を示した。「私も両親も帰化した者ではない。発言は永住外国人の地方参政権に賛成してきた私の政治信条をゆがめ、踏みにじるものだ」として、発言を撤回しない場合は提訴も検討する考えを示した。
 一部報道によると、石原氏は17日に都内で開かれた会合で、永住外国人への地方参政権付与問題に関連して「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか与党の大幹部は(親などが帰化した人が)多い」と発言したとされる。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕−福岡県警(時事通信)
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」(産経新聞)
両陛下が武蔵陵墓地でご拝礼(産経新聞)
首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)
県外移設断念やむを得ない=「沖縄県民におわびを」−民主・渡部氏(時事通信)

家庭のライター、回収も検討へ=子供火遊び対策−消費者庁(時事通信)

 ライターを使った子供の火遊びが原因とみられる火災が相次いでいることを受け、大島敦内閣府副大臣(消費者庁担当)は15日、新たな事故防止のため、家庭にある使い捨てライターの回収も含めた対応を検討するよう同庁に指示した。
 使い捨てライターをめぐっては、経済産業省の審議会が、子供が着火しにくい機能を新たに義務付ける方向で議論を進めている。年間6億4000万個が販売されており、家庭などに相当量が流通している。
 大島氏は「捨てるに捨てられず、家庭にたまっている製品も多い」と指摘。消費者庁は、回収箱を設けたり、ゴミ収集に出す方法を啓発したりするなど、家庭で使われないままの製品を減らすため、どのような方策が取れるか検討するという。 

【関連ニュース】
ドロップシッピング業者に業務停止=「確実にもうかる」と虚偽勧誘
住金物産製の布団に誤表示=「カシミヤ入り」実はウールだけ
事故情報を手軽に検索=データバンク、4月1日稼働
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も

インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)
アジア技術者育成へ拠点=原子力平和利用に貢献表明−核サミットで鳩山首相(時事通信)
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏(時事通信)
子ども手当、2万円に減額も=民主・玄葉氏(時事通信)
<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)

タイ首相、村本さんの死「心からの弔意」=鳩山首相、早急な調査要望(時事通信)

 タイのアピシット首相は11日、鳩山由紀夫首相にメッセージを送り、バンコクの騒乱で日本人カメラマン村本博之さんが死亡したことについて「タイ国民を代表して、村本さんのご遺族と日本国民の皆さまに心からの弔意を表します」と伝えた。これを受け、鳩山首相は同日夜、村本さんが取材活動中に亡くなったことへの「遺憾の意」を示す書簡をアピシット首相に送付した。
 アピシット首相はこの中で「村本さんの痛ましい死の原因と状況について、徹底した調査を行っています。外国人の安全確保に徹底して取り組むことを約束します」と述べた。
 これに対し、鳩山首相は村本さんの死亡原因などに関する調査結果を早急に知らせてほしいと要望。在留邦人と邦人観光客の安全について「タイ政府の最大限の配慮」を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
村本さんの死「心からの弔意」=鳩山首相に調査約束
日本人ジャーナリストが死亡=デモ隊強制排除で治安部隊と衝突-9人犠牲・タイ
ポーランド大統領死亡で弔電=鳩山首相

雑記帳 宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
新潟で震度4(時事通信)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
日医・原中会長が総研所長を兼務―歴代会長で初(医療介護CBニュース)
<鹿嶋市長選>現職の内田氏が接戦制し4選 茨城(毎日新聞)

虐待の恐怖から救え 松本聖香さん事件から1年 遺族、厳罰化訴え(産経新聞)

 ■苦しむ子供いっぱいいるはず

 大阪市西淀川区で昨年4月5日、母親の松本美奈被告(35)と内縁の夫、小林康浩被告(39)から虐待を受け死亡した小学校4年生だった松本聖香さん=当時(9)。父親の佐光哲也さん(39)と美奈被告の離婚後、母親のもとに残った聖香さんに訪れた悲劇から1年が経過した。同区の寺院で4日、営まれた一周忌法要で、哲也さんは、この1年各地で虐待事件が相次いだことにもふれ、「苦しむ子供たちを救いたい」と厳罰化を規定した新法の制定を訴えた。

 「去年の今ごろはまだ聖香は何とか生きていたんやな」。4日午前、一周忌法要を前に、哲也さんはそうつぶやいた。

 聖香さんと双子の妹(10)は両親の離婚時、母親の美奈被告に引き取られた。しばらくして妹が「(小林被告に)殴られる」と哲也さんの家に逃げてきた。だが、母親が大好きだった聖香さんはとどまり、繰り返し暴行を受けたという。捜査関係者によると、1年前の4月ごろには食事を満足に与えられず、極度に衰弱していたにもかかわらず、母親と内縁の夫に自宅のベランダに遺棄され、「ヒマワリを探しているの…」といううわごとのような言葉を残し、5日午後3時半ごろに亡くなった。

 哲也さんは今、西淀川区内で聖香さんの姉(11)と双子の妹と暮らしている。普段、家族で事件の話をしないが、聖香さんを忘れたわけではない。姉と妹は「聖ちゃん、行ってきます」と毎朝、仏壇の聖香さんに声をかけて登校。食事や飲み物を仏前に供え、花を取り換えるのも子供たちの大切な仕事だ。

 哲也さんの自宅近くにある聖香さんの祖母、真佐子さん(60)が経営するお好み焼き店には、家族でボウリング大会をしたときの聖香さんの写真がある。祖父、健治さん(61)は時々、写真をきれいにふき、じっと眺める。真佐子さんも気が付くと、写真の中の姉妹の笑顔に「ここに3人おるやん。聖香、おまえはどこに行ったんや。早く帰ってこい」と話しかけてしまう。

 この1年、全国各地で虐待事件が後を絶たない。哲也さんは「報道される事件はたぶん氷山の一角。苦しんでいる子供たちがいっぱいいるはず」と話す。

 聖香さん事件を契機に始まった虐待加害者に対する厳罰化を求める活動「ひまわり署名プロジェクト」には4日現在、3万8391筆が集まった。目標の20万筆を目指して活動は続く。

 哲也さんと真佐子さんは「小さな子供がわけも分からず毎日殴られる。その気持ちを想像してほしい。親に殺されるなんて、そんなかわいそうなことがあるやろうか」と活動への協力を呼びかけている。

                  ◇

 ひまわり署名プロジェクトのHP(http://www.maylibridshope.syarasoujyu.com/)で署名用紙をダウンロードできる。活動へのカンパも募集している。

初の輸出未遂罪、業者を捜索 中古冷蔵庫で利ざや目的(産経新聞)
新党あす最終合意 離党届提出 与謝野・平沼氏が代表(産経新聞)
腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)
<大阪地裁>小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で(毎日新聞)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)

「うれしさ半分、緊張半分」=眞子さま、ICUに入学(時事通信)

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(18)は2日午前、国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)の入学式に出席された。これに先立ち、午前7時半すぎ、授業の多くが行われる本館を背景に記念撮影。報道陣から「今のお気持ちは」と聞かれると「うれしさ半分、緊張半分です」と答えた。
 眞子さまは3月、学習院女子高等科(東京都新宿区)を卒業。ICUでは教養学部アーツ・サイエンス学科に所属し、2年間かけ専攻を決める。皇族のICU進学は初めてで、東京・元赤坂の秋篠宮邸から通う。 

伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)
カーナビ番号記載義務化…盗品ネット転売防止(読売新聞)
執行部の辞任論に言及=参院選敗北で「自民なくなる」−自民・舛添氏(時事通信)
官民の人事交流を促進=鳩山首相(時事通信)
<追突>トラックが横転の乗用車に 2人死傷 山口・山陽道(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。